鹿屋市に住むきっかけは?

鹿屋市で生活するのは、実は2度目で、1度目は鹿屋体育大学在学中の4年間、そして、2度目が今です。大学卒業後は、地元の大分県で就職しましたが、転勤で鹿屋に戻ってきました。毎日、仕事と家の往復という多忙な生活の中で、「鹿屋に戻ってきたのは、絶対に縁だ!」と、3年勤務した会社を辞め、定住することを決めました。

移住してからの生活は?

今は、『整体カフェ sowaka』を経営しています。整体は、大学時代からやりたかった仕事でしたので、毎日楽しく、とても充実しています。仕事場については、古民家を借りていますが、大家さんの理解もあり、自分たちの手で、リフォームさせていただきました。施術後には、コーヒーなどを飲みながら会話も楽しんでいただき、来ていただいた方が、少しでも心や身体を癒してもらえる、そんな空間を提供したいと思い、毎日仕事をしています。

実際に住んでみた感想は?

なんと言っても「人がいい!」。今は、妻と息子と猫1匹で暮らしていますが、町内会行事への参加はもちろん、ご近所づきあいも楽しくさせてもらっています。自宅前の畑でやる家庭菜園も楽しみの一つです。最初は不便と思っていましたが、住んでみると実際は違っていて、ネット環境もありますし、ほどよく都会で、肉や野菜の食材や、私が好んで飲む『お茶』も安くておいしいところです。

移住を考えている方への一言。

鹿屋市は、昔の日本のいいところが残っている場所だと思います。海も山も川もあり、季節になれば、ホタルやカブトムシもいます。ほどよく田舎で、ほどよく都会。とても住みやすい町です。

鹿屋のおすすめ!

やっぱり『黒豚とんかつ』です!