鹿屋市に住むきっかけは?

Uターンです。資格を取って手に職をつけ、いずれ自営で何かしたいと漠然と考えていましたが、鹿屋からちょっと離れた都会で暮らしたいという気持ちもあり、高校卒業後、福岡で専門学校に通い、20才~39才迄車の整備の仕事をしていました。

長男が中学校入学前といったことや自分自身も40才前という節目みたいな時期にさしかかり、ふと立ち戻り考えた時、自営の思いが膨らんできて、妻の実家がある吾平町に移住しました。

移住してからの生活は?

今、新規就農研修者としてピーマンの栽培を指導してもらっています。指導員の方が何十年もかけて習得されたノウハウを惜しげもなく教えて頂いていることをとてもありがたく思います。学ぶことが多く、毎日が新鮮で充実しています。

実際に住んでみた感想は?

一番の心配は子供が馴染めるかなという思いでしたが、中学校で部活にも入り元気にしています。福岡でのサラリーマン生活では子供達と一緒にいれる時間が少なかったですし、吾平は子育てにはいい環境だと思います。経済的な不安はありますが、今は辛抱だと思っています。

他にも不安な事は沢山ありますが、親や妻の両親、市やJAさんに相談して一つ一つ解決しています。指導員さんをはじめ「吾平の皆が良くなれば」という地域の思いを感じます。

移住を考えている方への一言。

インターネットでも何でも情報があふれています。年齢にもよるでしょうけど、移住したいという思いが強いのであれば、誤った情報に左右されず自分で問い合わせ、思い切って飛び込んでもいいと思います。誰でも漠然とした不安はあるとは思います。移住すれば具体的な不安が見えてきます。その不安を一つ一つ解決していくしかないです。

鹿屋のおすすめ!

食べ物・空気・自然・子育ての環境ですね。

子供の挨拶が素敵です。横断歩道で車を止めたら、渡り終わった小学生に「ありがとうございました。」とお辞儀された時は感激しました。